ポリカル

ポリカル(株式会社サンプラス )

ポリカル(株式会社サンプラス )

成長ホルモンで身長UP!!成長に欠かせない成分配合の徹底したこだわり。

  • 成長ホルモンで身長UPを応援
  • 選び抜かれた配合成分へのこだわり
  • 安全への徹底的なこだわり
  • 電話・メールでの半永久的無料サポート

通常価格 特割価格
1袋(1カ月コース)9980円(税込)代引き手数料無料 3か月コース25,200円が29940円(約15%OFF)など(送料・税込み・代引き手数料無料)
成分 返金保証 問合せ番号
CPP(カゼインホスホペプチド)Ca、セルロース、ビタミン.C、L-アルギニン、L-イソロイシン、ナイアシン、ビタミンVB2、B1、Dなど なし 0120-334-800(年末年始を除く、9時から18時)

キャンペーン情報

【電話・メールでの半永久無料サポートあり。】
一度でも購入された方は、専属のオペレーターが電話とメールで半永久的に無料でサポートをします。
相談内容は、商品に関する事だけでなく生活習慣の事など、どのような内容の質問にも対応してくれます。

ポリカル(株式会社サンプラス )の特徴

身体を作るのに欠かせないヒト成長ホルモン。

POLYCALをは製造している会社の、「成長ホルモンの研究チーム」が現在までで分かっている、、ヒト成長ホルモンのサポート方法の中で、最も安全で効率を重視して作られている製品です。人工的に合成されたヒト成長ホルモンを一時的に注射して補う方法とは違い、自分の成長ホルモンの分泌をサポートするサプリです。

ですので、POLYKALを服用をやめた後に、成長ホルモンの分泌量の減少や長期服用による副作用の心配はありません。成長ホルモンは人間の身体で作られるホルモンの一つなのですが、この成長ホルモンによって、子供から大人へと成長する過程で体型や背丈の変化が起こります。ですので、ヒト成長ホルモンは身体を作る上でかかすことのできないホルモンと云う事になります。

身長を伸ばすなら、ヒト成長ホルモンの分泌をサポートするサプリで。

身長が何故伸びるのか、その仕組みについてですが、まずはヒト成長ホルモンが脳下垂体から分泌されて、血液によって肝臓に運ばれます。

次に、骨の成長に重大な関わりのあるソフトメジンCと云う因子を分泌して、ソフトメジンCが軟骨細胞に働き掛けて、大腿骨をはじめとする身体の羽が大きく引き伸ばされる事によって身長は高くなります。

つまり、身長の高さはヒト成長ホルモンの分泌量によって左右され、10代の成長期でのヒト成長ホルモンの影響は計り知れないものがあります。

また、ヒト成長ホルモンの分泌を活発にする事によって、アンチエイジングや脂肪の代謝、筋肉を作るなどの効果もあります。

また、成長ホルモンの分泌をサポートするサプリですので、10代のお子様だけでなく成人された方にも効果が期待できます。

ポリカル(株式会社サンプラス )のクチコミ

※アンケートに寄せられた個人の感想です。

  • 人物影
  • ヨン 性別:男性

    平均よりかなり背が低くて、自分に自信が持てずに上手く人と付き合う事も出来ませんでした。POLYCALを飲み始めて1年。平均よりも高くなれて嬉しかったのと、背が高くなって自分に自信が持てるようになりました。

  • 人物影
  • さやかっち 性別:女性

    食が細くて偏食気味で、他の子に比べて一回り小さい息子が心配で、ママ友に「良いよ」と勧められたのが切っ掛けで飲ませています。飲み始めて1年位で他の子供に見劣りしない位、大きくなってくれました。これからも飲ませようと思っています。

  • 人物影
  • 恭介 性別:男性

    飲み始めて3カ月過ぎても何も変化が無くて、「やっぱり嘘か」と思って文句を言うつもりでサポートに電話したら、生活習慣も大事だっと言われて、食事や睡眠に気を使うようになったら背が伸びてきました。背が伸びる為には飲むだけじゃダメで、自分も努力しないいけないけど、ちゃんと結果が出るから楽しいです。

  • 人物影
  • メグル 性別:女性

    プロのサッカー選手になりたいと頑張る息子は身体が小さくて、成長ホルモン療法を試したかったけど、費用が高すぎて無理と諦めていました。息子からPOLYCALを試したいと言われ、半年飲ませたところ、背が伸びて筋肉もついて一回り大きな身体になりました。

  • 人物影
  • ショート 性別:女性

    背が低いのが悩みだった娘に渡したら、とても喜んでくれました。まだ、初めて1カ月なので身長の変化はありませんが、目に見えて明るくなった娘に買ってあげて良かったと思っています。まだ、成長期なので、結果が出るように私も食事などで協力していこうと思っています。

投稿日:2016年10月26日 更新日:

執筆者: