アスデカプラス+

アスデカプラス+(ツープラトンマーケティング)

アスデカプラス+(ツープラトンマーケティング)

背を伸ばすには、成長期が大切。
成長に必要な3つの栄養素で成長期をサポート!

  • 育ち盛りを応援する、成長栄養サプリメント
  • 成長期に必要な栄養を摂取する事が背を伸ばす為には重要
  • 成長に必要な3つの栄養素スピルリナ。ビタミンC・コラーゲンを配合
  • 背が伸びる成長期を逃さない事が大切。

通常価格 特割価格
一個(約1カ月分)3240円(税込・送料別途) インターネット限定販売で、通常1個(約1カ月分)3240円が2980円(税込・送料別途)
成分 返金保証 問合せ番号
他ではあまり見られない3つの成分、スピルリナ・ビタミンC・コラーゲンを配合。 なし 044-877-3292(平日9時~18時。土日祝日は休み)

キャンペーン情報

【継続応援キャンペーン】
お買い得な3カ月セット(3個)8780円(税込)。
兄弟・姉妹で飲むなら 6カ月セット(6個)16980円(税込)。
どちらも、送料が別途必要。

アスデカプラス+(ツープラトンマーケティング)の特徴

成長期に必要な栄養を摂る為の成長栄養サプリメント「アスデカプラス+」。

10才~18歳位の思春期は、また成長期でもあります。成長期は身体が大きく成長する大事な時期で、身長は成長期の時期を逃すと非常に伸びにくくなります。

子供の成長において一番重要な物は成長ホルモンです。成長ホルモンが肝臓に、軟骨組織の増殖活動が活発になるようにはたらきかける事で、骨が伸びて背も伸びる事に繋がります。

背を伸ばす為には、成長ホルモンの分泌を促す必要があります。

成長ホルモンの分泌は運動後や食事の数時間後、就寝してからの数時間に多く分泌されますので、背を伸ばす為には栄養・運動。睡眠が重要になります。その中でも、特に不十分なのが成長に必要な栄養をバランス良く摂取する事です。

ですので、効率よく必要な栄養素を摂取する為に開発されたのが、成長サプリメント「アスデカプラス+」です。

成長期に必要な3つの成分、スピルリナ・ビタミンC・コラーゲンを配合。

成長期の栄養補給に適している物に、スピルリナ・ビタミンC・コラーゲンの3つの成分があります。

スピルリナは、非常に多くの栄養素を含んでいることから、国連が地球の将来の栄養源と発表したほどに注目されています。

また、体内で作り出す事が出来ない必須アミノ酸9種も含まれており、消化吸収率は脅威の95%と、体内への吸収率も抜群です。

ビタミンCには、コラーゲンを作り出す役割を持つばかりか、身体に害を与える活性化酸素を消す働きもあります。

スピルリナ・ビタミンC、骨や皮膚、歯など身体に多く含まれるコラーゲンは成長期に豊富に摂取しておきたい物ですが、実際には食事など通常での摂取方法では不十分です。

ですので、この3つの成分を配合して作られたのが、成長サプリメント「アスデカプラス+」です。

アスデカプラス+(ツープラトンマーケティング)のクチコミ

※アンケートに寄せられた個人の感想です。

  • 人物影
  • さんた 性別:男性

    中学から始めたテニスで、身体の大きな選手に力負けすると悔しがる息子に飲ませています。先日の、試合で力負けしなくなったと嬉しそうに報告してくれました。もっと大きくなれるように、これからも続けさせるつもりです。

  • 人物影
  • 良かった 性別:女性

    偏食が酷い娘に飲ませています。飲ませる前に比べて、この頃はお腹が空くらしくて食事の量が増えました。まだまだ、身長は平均以下ですし偏食もありますが、アスデカプラス+を続けながら親子で少しずつ食習慣の改善を行っていきます。

  • 人物影
  • 杏 性別:女性

    飲んでるけど、効果あるのかな~。少し背が伸びたけど、成長期だし。と半信半疑でしたが、最近「服が小さくなった」と息子から言われるようになって、成長スピードが加速しちゃってます。疑ってスミマセンでした。これからも飲ませます。

  • 人物影
  • モリヤン 性別:女性

    背が低いのを気にしていたら、母が飲んでみなさいってアスデカプラス+を出してきてビックリしました。私の事なんて、な~ンにも分かってないって思ってたけど、しっかり見ていてくれたんだなって嬉しくなりました。まだ、1カ月だから効果無いけど、これから頑張って背を伸ばします。

  • 人物影
  • 庄司 性別:男性

    自分が背が低くて苦労したので、息子には少しでも背を伸ばして欲しくて飲ませています。食事や睡眠にも注意して、運動は水泳をさせてます。急激な変化はありませんが、確実に成長していて、息子共々喜んでおります。

投稿日:2016年10月26日 更新日:

執筆者: