アルギニンの配合量をチェック

アルギニンの配合量をチェック

臨床データからわかるアルギニンの効果

画像

アルギニンは大人になれば、体内で作り出せるアミノ酸なのですが、子供の頃は自分で生成することができないために、食事などから必要な量のアルギニンを摂らなくてはいけません。
アルギニンには、背が伸びるために必要不可欠な成長ホルモンの分泌を活発にする働きがある成分であると、臨床データからも分かっています。
背が低い人の場合、成長期に成長ホルモンの量が不十分だったことが原因の方も多くいます。つまり、成長ホルモンの量が背の高さを左右する可能性があるという事です。
ですので、成長ホルモンの分泌を活発にする働きのあるアルギニンは、成長期の子供にとってとても大切な栄養素となります。
ですが、アルギニンを飲ませておけば、成長ホルモンが大量に出るという訳ではありません。アルギニンは成長ホルモンが出やすくなるサポート役ですので、バランスの良い食事や運動、たっぷりの睡眠などがないと、高い効果を発揮出来ないかもしれません。

アルギニンの理想の摂取量とは

アルギニンがしっかりと体内で働くためには、毎日2.000mg~4,000mg以上を摂らないといけません。
ですが、身長を伸ばしたい、背を高くしたいと考えるのならば、できれば10,000mg以上を毎日摂ったほうが良いでしょう。
アルギニンは、アミノ酸の1種ですので、たんぱく質に含まれていますので、肉や卵などたんぱく質のの多いものを食べると、ある程度は摂取できます。しかし10,000mg以上を目標にして毎日食事をするととなると、カロリーの摂り過ぎになりかねません。
肥満は身長が伸びなくなる原因の一つですので、カロリーの摂りすぎで太ってしまっては本末転倒です。ですので、通常の食事にサプリを加えることによって、必要な量のアルギニンを摂取して、カロリーを抑える方法も良いと思います。しっかりとした効果を期待するならば、1日4,000mgを超える量を摂れるサプリを選ぶことをお勧めします。

アルギニンの過剰摂取で副作用はあるの?

アルギニンだけをたくさん飲んでいると、消化器系に負担がかかってしまい、胸やけや人によって下痢症状が出てしまう場合があります。
ですが、クエン酸などの、有機成分と一緒に摂ると、アルギニンによっておこる消化器系の不調が起きないようにフォローしてくれます。
アルギニンを配合しているサプリメントの多くは、クエン酸などを一緒に配合しているために、多く飲み過ぎてしまっても、胸やけや下痢といった副作用症状が起こる心配はほとんど必要ありません。
とは言え、同じように見えるアルギニンのサプリでも、体質は個々人で違いますので、自分に合ったサプリをしっかりと探したり、サプリを飲むのに良いベストなタイミングを見付けることも大切です。

投稿日:

執筆者: