成長ホルモン分泌のカギは「運動」!

成長ホルモン分泌のカギは「運動」!

成長ホルモンの分泌を促す「適度な運動」

画像

背を伸ばす為には、適度な運動を行う事も大切です。
身体を動かすとお腹が空いて食欲が増しますので、沢山食べれるようになります。また、昼間に十分な運動をする事で、夜は疲れてぐっすりと熟睡できます。夜、ぐっすりと寝る事で。成長ホルモンが沢山分泌されますし、運動する事自体にも成長ホルモンの分泌を促す働きがある事も分かっています。また、身体を動かして骨に適度な刺激を与える事は、骨の成長にも繋がります。 
では、適度な運動とは、どのような運動でしょうか?疲れ過ぎる程の過激な運動や、重量挙げや長距離走などの身体に大きな負担がかかり過ぎる運動は、骨が伸びにくくなると言われています。普段の遊びの中で身体全身を使って動きまわる位の運動量を目安に、出来れば外で楽しく遊ぶと良いでしょう。

骨端線への適度な刺激

背が伸びるのは、骨と骨をつないだ端にある「骨端線」といわれる軟骨の働きによるものです。この「骨端線」が適度な運動によって、関節部分などに在る骨端線へ刺激が加わり、骨を伸ばす働きがより活性化します。
また、運動をすると筋肉に適度な負担がかかります。この筋肉へ適度な負担がかかる事で、背を伸ばす成長ホルモンの分泌が良くなりますので、身長アップにつながります。それ以外にも、運動をすることで食欲が増し必要な栄養素をしっかり摂れる。運動をすることで、身体が付かれることで成長ホルモンンが分泌される夜間にぐっすりと眠れるなどの理由もあります。
ただし、疲れすぎて動けなくなるほどのきつい運動や、一部の筋肉だけに負荷をかけ続けるような極端な筋トレなどは、子供の身体への負担が大きくなりすぎるために、身長の伸びを阻害する可能性があります。

ストレスの解消はやっぱり成長に良い!

「ストレスは身長を伸ばすのに障害となるのか?」。
残念ながら障害になります。ただし、人間関係などで悲観的な思考に陥りやすくなる、長期間続くストレスの場合ですが。
思春期の子供は、精神的にまだまだ未熟で、尚且つ子供から大人へと変わるために体内のホルモンバランスが変化していくことで、情緒が不安定になりやすい年頃です。
その為、大人から見れば些細な事でも、人生最大の悩みと思いつめてしまうことも多々あります。
悩みが大きく深刻であればあるほど、夜眠れなくなります。そうすると、睡眠時に出るはずの成長ホルモンが出ずに、背が伸びないという事もあります。また、睡眠が不十分ですとより悲観的な考えにとらわれやすくなり、悩み(ストレス)から抜けられなくなりますので、まずはぐっすりと眠れるような睡眠環境を整えることに心を配ることも大切です。

投稿日:

執筆者: