寝る子は育つ!「睡眠」をしっかりとろう

寝る子は育つ!「睡眠」をしっかりとろう

最適な睡眠時間とタイミングとは

画像

良質な眠りの中で多く分泌される成長ホルモン。これは骨を成長させるためにとても大事な働きを持ってます。睡眠を上手く使い、成長ホルモンが十分に分泌されると、思春期(成長期)が来るのを遅らせる事が出来るので、遅らせた分だけ身長が伸びる期間も延ばせますので、ぐんぐんと身長を伸ばす為には、しっかりと睡眠を取る事が欠かせない要素となります。
さて、ではどれ位、睡眠時間を取ると良いのでしょうか?
出来れば、1日に7時間以上は深い睡眠を取るようにしましょう。
また、年齢別の目標としては、

・幼児期から小学生は10時間
・中学生・高校生は8時間
・大人は6時間

は睡眠時間に充てたいものです。

レム睡眠とノンレム睡眠とは

睡眠には、『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』と呼ばれる2種類の状態があります。レム睡眠は身体を休めさせるためのもので、脳は休んでいないために夢を見るのです。逆にノンレム睡眠は身体は休まずに、脳が休んでいる状態の事を言い夢などは見ません。入眠時は脳が休むノンレム睡眠から入りレム睡眠へと移行します。これが、おおよそ90分間隔で行われ、目覚めるまで繰り返されます。
実は、睡眠時の成長ホルモンの分泌量は、入眠直後のノンレム睡眠の時が一番多いと言われています。ですが、夜更かしをよくするなど生活のリズムが崩れていると、入眠時にノンレム睡眠ではなくレム睡眠から眠りが始まることもあります。
始めのノンレム睡眠時が一番成長ホルモンを出すのですから、レム睡眠から眠りが始まると、成長ホルモンの量が少なくなり、背が伸びないという事にもなりかねません。

よく寝ることでストレスが減り、成長につながる

人間関係など、長く続くストレスは身体に良くありません。強いストレスが長く続くと、ホルモンバランスを崩したり、睡眠障害を起こしてしまったりします。
身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌量が大幅に減ってしまう可能性もあります。また、眠れない状態が続くと人間は悲観的な思考に陥りやすくなりますので、ぐっすりと眠れるような環境を整えてあげることも大切です。

投稿日:

執筆者: